楽しかった陶芸教室

今日は、町の陶芸愛好会の皆さんの指導を受けて、年長さんが陶芸に取り組みました。粘土をたたいて柔らかくしたら、丸い棒で平らに伸ばしていきます。それを新聞をまいた筒に貼り付け、色々な形のパーツを飾り付けたら鉛筆立ての出来上がりです。残った粘土で、自分の好きな形のお皿も作りました。これにも色々なパーツを飾りました。約1時間半でしたが、集中して取り組むことができました。優しく丁寧に指導して頂いたおかげで、「楽しい」「陶芸って好き」「もっと作りたい」という声が沢山聞かれました。みんなが帰った後では、愛好家の方々が、ひびが入らないよう、また飾りが外れないよう修正をしてくださっていました。ありがとうございます。出来上がってくるのが楽しみです。地域の皆様のご協力に、感謝いたします。

目次
閉じる